中田廉が語る高校野球「諦めないって心はプロに入っても大切にしています」

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “夏のタカラモノ ~100回目の君へ~” でカープ中田廉投手のインタビューが放送。高校球児時代の思い出を語る中田。

「夏のタカラモノ」中田廉が語る高校野球

中田「大変というか、もう苦い思い出しかないです。3年生の最後の夏に、甲子園に出れたことは良かったんですけど、ホントに辛いことばっかりだったので。今 思えばホントに充実した3年間だったと思いますし、あの3年間があって今にホント活きてるなっていうのは思います」

最も印象に残っている試合

中田「自分の最後の夏の決勝戦ですかね。ボク先発したんですけど、ボッコボコ打たれて、でもう早々に代わって。諦めムードの中だったんですけど」

中田「キャプテンの林竜希ってやつがいたんですけど、ホントそいつの一声で。諦めず最後までやろうぜ、みたいなのでみんなまとまって。逆に割り切れたというか、あの試合はホントに今でも、諦めないって心はプロに入っても大切にしています」

100回目の君へ

中田「感謝することを大切にして。感謝しないと何もできないと思いますし、こういう心があるからなんでも成功すると思うんで。この言葉を大切にしてもらって、ボクも大切にしていますし、感謝と書きました」

広島ホームテレビ [30日] 夏のタカラモノ ~100回目の君へ~ より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す